2018年02月15日

ニシケンモノノフ反撃へ手応え十分/フェブラリーS




<フェブラリーS:追い切り>



 ニシケンモノノフ(牡7、庄野)は坂路単走で最終追い。上々のスピード感で4ハロン52秒4-12秒5をマークした。庄野師は「調子は上がっている」と前走、芝のシルクロードS15着からの反撃へ手応え。



 5着だった昨年も含め、鞍上?横山典騎手とは10走連続(通算12度目)のコンビで「ジョッキーが馬をよく分かってくれているので、そこにも期待」と楽しみにしていた。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。